欧州17日間サバイバル 【ローテンブルクでラー活、目から汁を噴く】

2015/05/20(Wed)

欧州17日間サバイバル 【準備編】
欧州17日間サバイバル 【出発―プラハ着いたよ!】
欧州17日間サバイバル 【試練続々でフガフガ】
欧州17日間サバイバル 【しーれんはつづくーよー、どーこまーでーもー】
欧州17日間サバイバル 【プラハを歩く。歩く。歩く。マウスとケーブルGETしたった!】
▶欧州17日間サバイバル 【ローテンブルクでラー活、目から汁を噴く】←イマココ
欧州17日間サバイバル 【ローテンブルクからのミュンヘン着、ドイツ超★満★喫。パンティーもあるよ!】
欧州17日間サバイバル 【ノイシュバンシュタイン城リベンジ】
欧州17日間サバイバル 【音楽の都・ザルツブルグで歌う。歌う。歌う。】
欧州17日間サバイバル 【水の都ベニス!迷路迷路迷路ホテルドコォォォ!!!!】


***

3/17(

ぶっねーーー!
目覚ましで飛び起きてぶっねー!とおもう。
よく目覚まし掛けて寝たわ。
ってくらい昨日は歩き疲れて酔っぱらって、辿り着いたら真っ直ぐGO TO BEDだった。

起きてごそごそしていたら桜井と妹ももそもそと起きた。
桜井起きて怒りの第一声


「きのうのいびきはなんなんだよ!!!!」

あ?

「みゆきのいびきがうるさ過ぎて!夜中になんべんも目が醒めた!
あんまりむかつくんで殴ってやったら止まった。
あれは公害だろ!」



知るかw
寝てて自分のいびきが聞こえてる人はおらんやろ。
てーか、むかつくなあ。きさまのいびきもここ数日非道いで?
今度やつがいびきをかいてたら殴ってやろう。


全員風呂も入らずに寝たのでお風呂大渋滞。
お風呂待ち、しょうがないのでメールチェック。

ホテルに入ったらそこのwi-fiを使う。
モバイルルーターには通信容量の制限があるし、ホテルのwi-fiのほうが速いし、ん?「データ利用量のご連絡」





使い過ぎ?
回線停止の恐れ??


えっえっそれめっちゃ困る!
でも使わない時は切ってるし、動画のストリーミング再生をしたり大きな画像のうpとかしてないよ???
なんか調べたり、mapでナビったりの程度やで。
でもおとといやたら回線速度が遅かったのはそのせいなのか。わからない。

このまま止まると困るので、マジで止まるんですかどんくらい制限して使えばいーんですか!とお伺いのお返事を出しておく。



お金の整理。
左がユーロ、右がチェココルナ。
一緒くたに財布に入れたら当然混乱します。別々にね!

案の定チェココルナが両替し過ぎて余っている。
日本円なりユーロなり、再両替すればまた手数料も掛かる。
まあ、またチェコにこよう!
それまでのチェコ建て預金だと思っておこう。


 

朝ごはんをしにいきます。
「本日も夕食まで飯がありませんので、腹いっぱい食べておくように」

何度も言うけどこれで3人一泊8,000円ちょい、朝飯も食べ放題。バスルームが水浸しになっても文句言うたらあかんと思った。


その後ばったばたチェックアウトを済ませて、プラハ駅に向かいます。


 

10時42分発のドイツ鉄道のバスでニュルンベルク(ドイツ)まで行って、
そこからドイツバーンを乗り継いでローテンブルクに向かいます。
7時間掛けての大移動。

バス乗り場はプラハ駅の真正面、
駅前はそんなにだだっ広くないので一目で分かります。


 

2階建てバス!おっきいよおおおお!!!!!(超★興奮)(プシャァァァァア)(失禁)


下調べをしていて知ったんだけど、
プラハ→ニュルンベルク、ミュンヘンは列車よりもバスが俄然早いそうです。
列車は山道をくねくね通るらしく。

そしてユーレイルパス等の鉄道パスで乗れます!
ただ席の予約が必須で、日本から(ネット等)の予約は不可。現地の鉄道窓口じゃないとできません。

予約料だけ掛かるんですが、確か数ユーロ
先日プラハ駅での予約時、窓口のおばちゃんに捲し立てられーの舌打ちされーので
テンパっていたので憶えていない。でも安いです。




そしてなーーーーんと!

二階の一番前ーーーーーーッ!
一階の運転席と同じ位置ですよおおおおお!!!うっはぁぁぁぁあああ!!!

無類の乗り物好き、テンソンMAX。
(EROTIC CITYのツッコミはいりません)




チェコ語の道路標識読めないよ!
でもドイツに向かってるんだよ!




プラハの街よさようなら。さようなら。
本当にいい街でした。

美しくて、治安も悪くなく穏やかで、時間がゆっくり流れている。
またこよう。




バスの中で飲み物が買えます。
コーヒー1ユーロ、安い。

でも、お金を入れても飲み物が出てこない。
水2つとコーヒー1つ分のお金を入れたのに、飲み物が買えないどころかお金も返ってこない。
ぼられた?
悲しい。マジやめて(;_;)


 

ドイツに入ると風力発電機がたくさんあるよ。
野っ原にソーラー発電もたくさん置いてある。
ドイツって原発のない国なんだよね?


 

左に行くとミュンヘン、右に行けばベルリン、ローテンブルク…YES,失禁。
道路標識にときめくちょっと変わった性癖の持ち主です。

ミュンヘンは明日、ローテンブルクを廻った後に行くよ!




14時10分頃ニュルンベルク着。
ニュルンベルクも歴史ある街です。見て廻りたいけど今回は通過。
ドイツはいきたいところだらけだ!また来るよ!




ニュルンベルク中央駅、ICEが止まる駅なのでおっきいです。
ここから乗り換え二回、まずアンスバッハ行きの列車に乗ります。




10分にバスを降りて21分発、
逃すと1時間単位で時間がずれて行くので急ぎ足。
前にフランクフルトからニュルンベルク経由でローテンブルクまで乗り継いだ経験があるから、
きっと迷わないはず!テンパらないはず!




鉄の塊のような列車、萌え。
欧州で日本の山手線みたいなスマートな電車は見ないっすね。

時刻と行き先と列車番号を乗り換え案内と電光掲示板、交互に指差し確認の上飛び乗ります。
扉の開閉はボタン式、乗る時はいいけど降りる忘れていると時結構焦る。




定刻で発車。
チェコのバドワイザーぶしっ★ゴキュゴキュプハー★
そしてマイすまほで写メれる喜びときたら!ねえ!奥さん!

今まで写真が撮れなくて、ことあるごと桜井にアレ撮って~(ゝω・) とお願いしてた。
風景以外は面倒くさがる、
そしていいカメラなんだけど、色の設定や構図が気に食わない。
挙句の果てには撮影料まで要求しやがる。

あーもううれしい!(マウスコロコロしながらピント合わせ)




アンスバッハ着。
乗り換え8分っだってのに…到着が10分以上遅れる

なんで何事もなく遅延するん?
日本やったら2分遅れたらお詫びの放送が流れて
10分遅れたら社会生活に支障きたすで!遅延証明書貰いにいくで!




と、文句言うてもしょうがないので
次の列車まで一時間、ぶらり途中下車の旅をすることにする。
むしろ予定では素通りしていたアンスバッハで下車できるチャンスやね。




mapを見て、ぐるっと50分弱で駅に戻るようにする。

幼稚園があったり子連れのお母さんがいたり。あああ人が暮らしている街だよ。
お天気がよいせいか、地方都市だからか
ここもゆっくり時間が流れている。




アンスバッハの王宮広場。
ドイツジーンお馬さん好きだねえ。ドイツの彫刻家Jurgen Goertzの作品だそうです。




イースターの卵の飾りがとてもかわいい。
ここから駅に戻る。




ドイツでたまに見掛けるスーツケースを運ぶ用の、イッ!オートマーティック!なレーン。
これはこれで面白いし便利なんだけど、エスカレーターとかエレベーター作れよ、とも思う。
車椅子とかベビーカーどうしてるん?
比べたらあかんけどやっぱTOKYOは優しい街だ。




ららら~ららら~らら~ららら~
世界の車窓から。by溝口肇

どこまでもーかーぎーりーなくー続く牧歌的な風景




日本の田園風景ともまたちょっと違う。
地平線が望める大平原。




シュタイナハで更に乗り替え。

車内で日本人をちらほらと見る。
ローテンブルクはドイツでも屈指の観光地、みんなローテンブルクに行くんだ。
で、ご挨拶をしてみたり。
どこ泊まるんですかーって聞いてみたり。

ほぼみなさんフランクフルトかミュンヘンから乗り継いでいらしてて
「乗り換え大変すぎ!」「列車遅れる!」と仰っている。デスヨネー。
みなさんアンスバッハで一時間待った系。




17時前、一時間とちょっと遅れでローテンブルク着。
正式名称はローテンブルク・オプ・デア・タウバー

ドイツにローテンブルクは二箇所あって、ひとつはまったく別の場所やから
乗り換え検索するときは注意が必要。




レーダー門、あそこから城壁の中、街中に入ります。
とても小さい街で、一日歩けば全て街を見ることができる。

この街は二度目の来訪。
計画を立てているとき「ローテンブルクはまた行きたい!」と三者意見が合致。
街がおもちゃ箱みたいで、おとぎの国に入り込んだみたいなんだ。
ちょっとここだけ異世界。




絵本の挿絵みたいな家、家、町並み

30分ほど歩いてホテル着。
ほんとはもっと近いんだけど、ハードな石畳でスーツケースガッタガタ引っ張るのがかなりしんどい。スーツケース壊れそうやん。
ブルジョアジーならタクシー使おう。




ホテルゲーバーハウス。ゲイバーではない。

割引が利いても三人一泊朝食付き22,000えーん!この旅で一番高い宿。通常の3泊分。
でも!せっかくローテンブルクに来たなら!ここだけはホテルをケチったらあかんねん!
中世のおとぎの国を満喫するんだ!お泊りまでがローテンブルクです!

本当は前に泊まったアイゼンフートが最高すぎてまた泊まりたかったけど
残念ながら予約がいっぱいだった。




…でも入ってみてちょっとがっかりした。

安ホテルではないけど普通の部屋だ。ローテンブルクの特別感があまりない。
結構虱潰しにレビュー読んで決めてんけどなあ。部屋によるのかもしれんけど。




アンティークっぽい家具なんだけど、ノット・アンティーク。ただ古いだけやwクローゼットがぴたっと閉まらない。
で、ヨーロッパ調の家具ではなく、どう見てもアメリカンカントリーです。




お風呂はバスタブ付き(でもこのお値段ならついていて当然)
アイゼンフートはバスルームが総大理石だった。ちなみにあそこのほうがお値段ちょっとお安いんだ。何故だ。

部屋も調度品も広さも食事も、アイゼンフートは素晴らしかった。
是非こちらの記事で。

10時ちょい過ぎにチェコのホテルを出てから7時間移動。なかなかハード。
荷物を置いて一休みしたら街に出ます。




ホテルを出るともう夕方、ぶらぶら街歩きしながら夕食の店に向かいます。
ジーパー塔を潜ると




プレーンラインと呼ばれるメインストリート。
ローテンブルクの見所と言ったらここ!有名なお店が軒を連ねる。


 

テディベアの専門店、テディランド

どこももうお店は閉まってるけど、どこもディスプレイがすごくかわいくて
それを見ているだけでも楽しい。




おもちゃや一年中クリスマスグッズが売っている、ケーテ ウォルファルト
この二店は必見。




この街の銘菓、シュネーバルを売っているディラー シュネーバレントラウム




シュネーバルとは。直訳するとスノーボール(雪の玉)
リボン状にしたドーナツ生地を丸めて揚げて、更にチョコレートでコーティングしたアマイーノ。
以上3店はガイドブックに必ず載ってる有名店。
明日改めて行きまーす。




ハムとソーセージ専門店。
THE★Deutschland!
ドイツソーセージが好きすぎて。添えられたザワークラウトとじゃがいもも好きすぎて。
毎日食べても飽きない。わたしの祖先はきっとゲルマン民族だとおもうの。




アイゼンフートを通る。
帽子の飾り看板が目印。
ああー
ここに泊まりたかったなぁー

新婚旅行でこの街を考えているなら、180ぱーアイゼンフートをオヌヌメする。
ロマンティークのレベルがちげえよ!




だんだん空が紅くなり、おもちゃ箱にあかりが灯り始める。




絵本の中に!
こんな家の絵あるやろ!




マルクト広場と市庁舎から臨む、暮れゆく空。Photo by 桜井




マルクト広場と市庁舎から臨む、暮れゆく空。Photo by みゆきち

Z3さんをマウスで操りがんがっていると
「張り合うのやめなってw RX100M3には勝てないんだからw」

むかっ!
分かってるわ。
ただきさまの構図とか露出とかが気に食わんのだ!




暮れてきた…
ココロ洗われる景色に思わず合掌。


妹、空腹のせいでだんだん機嫌が悪くなる。
わかったわかった。”LOUVLE”に向かおう。

目指すレストランは前に入った日本食のお店。
前はたまたま見つけて入ったんだけど、
日本人の作る和食、日本で食べるものとまったく同じ味が味わえて大感激。今回は迷わずそこに。




前、この店の名前を”蘇生”だと思っていた。
店の前に日本語で”蘇生”と書かれた立て看板があったから。(ただの催し物の告知)

今回蘇生を検索してもヒットしない。
なくなったのかなあと思いつつ日本食レストランで検索してヒットして、勘違いしていたことに気付く。
そしてめちゃめちゃ評価が高いこと、この街で唯一の和食店だということを知る。




日本人の女将さんに、日本語で出迎えられてお店に入る。
5年前と同じ店内。

寿司、とんかつ、うな重、ラーメン、オウドゥン、天婦羅、焼き鳥、生姜焼き
大概の和食がある。
すごいよ!これだけの食材を常備しておくことって!


 

食前酒に桜井はドイツビール、あたいは梅酒。
梅酒も日本の飲み物だね!ついオーダーしちゃったよ!
で、お通しのモヤシのごま油和えに思わず目から汁噴いた。これ日本の味やん。


で、海外でパンとハムばかりの生活を送り、切実に和食が食べたくなった時
なんでも和食を食べていいって言われたら
何をチョイスします?


生姜焼き?トンカツ?寿司?
とりま米醤油味噌が欲しいですよね。




桜井はカツ丼。
妹はとんかつ。
二人5年前と変わらないチョイス。

わたしも前チョイスの海鮮丼にグイグイ惹かれる。
刺し身と山葵と醤油と米の組み合わせはジャップのソウルだろ!
どうやら誰もが究極的に食べたい料理というものは決まっているようだ。




だがしかし
小一時間迷って、ラー活することにした。
ラーメンこそニッポンの誇るソフルフードである!!!!!

アブラをマシマシしたい…

「バターを多めにトッピングって出来ますか?」

野菜ラーメンにはバターが合うんだ…




縮れ麺の醤油ラーにバターが絡む。
8番らーめんの野菜ラーメン(醤油)のバターWトッピングに近い味わい。

わたしはそれほど日本食が恋しいわけでもない。が、ラーを啜る感激はやはりひとしお!んんんんんん!




カツ丼を頬張り感涙に咽び、味噌汁呑んでまた嗚咽の桜井。
ほんとこの人日本を出たら暮らせないなと思う。

でもまだ4日(時差を入れたら5日目?)だけど、10日目くらいでカツ丼を口にしたならわたしもきっとこうなってるわ。(既にラーでなってる)




妹、とんかつとキャベツを口に運び、ヤバッ、と漏らす。

ナウなティーンは「ヤバい」だけですべての感情を表現する。ボキャブラリー少なすぎ。
でもわかるわー。とんかつソースってマジソウル、マジヤバイですよねー。


 

小鉢の漬物にまた目から汁。
桜井ジャップのくせに漬物食べられないこ。カツ丼に付いてたこれくれた。オレオマエスキ。




話し好きな女将さん(左)とご子息(真ん中)、そしてうら若きアルバイトさん。
みなさん日本人。
掲載許可いただきました。




デザートに?色とりどりのチョコレートを運んでくれた!
ぽろぽろ落っことしながら。
むおおおおんかわいいwwwwいいこすぎるwwwwww

お食事後に小一時間話し込む。
5年前にも来たことを話す。
あの時は女将さんと大将が迎えてくださったのだ。

そして今はアルバイトさんと息子さんが増えた。
歳月の流れにおムネが熱くなるね。


アルバイトさんは近くのアパートに住んでいて、そこから通っているんだって。

「ローテンブルクでアパート借りたらめっちゃ高いですよね?!」

フランクフルトやミュンヘンと比べたら安いですよー。
月4万円台です」

えー!そんなにお安いの?
アパート借りてバイトしながらここに住みたーーーーい!

「キッチンとかもろもろ、共同ですけど」

そ、そうなんですか
でもこの辺では共同アパートは普通のことらしい。
わたし共同生活できるかしら…


ついでに。




この香水みたいなミニチュアボトルは
イエガーマイスターというドイツの薬草酒。
日本の養命酒みたいなものだ。

一度池袋のバーで呑んだことがあるんだけど
メジャーな呑り方がレッドブルで割るというもの。
養命酒をエナジードリンクで割るってどんだけやねん!
でも、翼授かる。

それをこのお店で見つけて、UOOOOOO!!!ってなって購入☆彡


そんなんで
とても美味しくて楽しいひとときを過ごしました。
旅中、和食に飢えてローテンブルクに来たならここに来るべし!

JAPAN Restaurant LOUVRE(ルーブル)
91541 Rothenburg o.d.Tauber
Tel: 09861 8755125


大きな地図で見る


タマシイが満たされてお店を出る。
通り一本向こうには聖ヤコブ教会。由緒ある教会です。でかいです。




14世紀初めから15世紀末、170年近い年月をかけて造られた教会。

「聖血の祭壇」
十字軍が聖地エルサレムから持ち帰った、キリストの聖血が祀られているとか。
ゴシック様式の彫刻、素晴らしいステンドグラスが見られて
聖歌隊のコンサートが行われる日がある。

翌日入る気まんまんやったのにちょっと疲れてて行かんかった。でも聖歌聴けるなら血反吐吐いて早起きしても行った。ここは見るべき。




ボクシサーン?伝道師さん?
Guten Abend! コンバンワー




入り口の階段にねこがおってな。とても人懐っこい。
撫でても喉元ゴロゴロしても写真撮っても逃げていかない。
ここに通う教徒に可愛がられているんやろなあ。




だたし写真を撮ろうとすると絶対あっちを向いてしまうんだ。
小一時間粘ったけど、正面向いた写真は撮らせてくれなかった。

おやすみワガママな子猫ちゃん。よい夜を。




夜景タイム発動。
今日はわたしも撮れるぜ!!!!!(マウスコロコロ)




だがしかし、妹がまんぷくになったら眠たくなってかなわんらしく
妹連れて先に部屋に戻ることにする。




マルクト広場で桜井と別れる。
モバイルルーターが桜井持ちなので、いちおホテルまでの道程を確認しておく。

だのに迷子()
わたしと妹、なぜ体内GPSが非搭載なのか!!!

結局途中桜井にばったり会って、一緒に帰ることになった。




ゲーバーハウスの裏口。

食事に出掛ける時、
「夜は表玄関を閉めるから、裏の勝手口から入ってくださいね」と言われた。

朝食の時間の確認とともに、そのことをぶわーっと言われたんだけど
まるで聞き取れなくて「ぷりーず…わんすあげいん」
そんなわたしを桜井はどいとけ、と制し、ペラペラお話を進めた。
むかっ。アーハン、オーケイじゃねーよ。


桜井にわたしは「英会話もろくに出来ないあほ」と思われてる。更には
「めちゃめちゃな文法、単語英語の羅列、恥ずかしいわ!」
むかっ。むかっ。いつかぎゃふんと言わせてやりたい。


話は逸れたけど
この裏口の扉の鍵がいくらどうやっても開かない。
まさか朝までここで締め出し?それマジイヤン。

ここに限らず、どこの鍵もとにかく古くてどこもほんと開けにくい。MIWAロック使えよ
3人で交互にああでもない、とやっていたらやっと開いた。
よかった…オフトゥンでねれるよ。


この日も移動と街歩きだけで疲労困憊。部屋に入ったら即GO TO BED
明日はぼーっと街を見物したいです。でもその後ミュンヘンに移動です。なかなかハード!
ほならまた明日!


|この記事にコメントしる|


Name
URL
title
Comment
Pass



ルイヴィトン 財布カンコク コピー

ルイヴィトン 財布カンコク コピー  [編集]  2017-11-10 11:16

迅速な対応でとても良かったです。
ありがとうございました。
【最短当日発送】遅くとも1~2営業で出荷可能、全国一律送料無料。販売価格はフリーダイヤルにてご相談させてください、出来る限りお力になります♪ルイヴィトン 手帳カバー ダミエ グラフィット アジェンダ ポッシュ R20975 新品 LOUIS VUITTON ルイビトン ルイ ヴィトン ビトン ブランド 男性 女性 母の日 父の日 ギフト 誕生日プレゼント Louis Vuitton
思った以上に綺麗な商品でとても気に入りました。


|blog内検索|