国内線特典航空券が9,000マイルでいける…AMEXとBAとJALのコンボSUGEEEEE

2016/06/22(Wed)

先日、お盆に搭乗するANAの国内線特典航空券を三人分取ろうとしたんですよ。

国内線特典航空券が取れるのは二ヶ月前から。そろそろでした。
お盆時期の特典航空券なんて争奪戦です。
AMEXのメンバーシップ・リワード(ポイント)をANAに移行してマイレージにするには2~5日掛かります。なので予約日当日に即チケットをぽちれるように事前に移行しておこうと思ったんです。それであっと思った。


ANAへのポイント移行って年間80,000マイルしか出来ないんだった。


先日ANAで国際線特典航空券を取ったので、既に69,000マイルを移行してしまっているんです。
今回取りたい東京-小松間はハイシーズンで一人15,000マイル、3人で45,000マイル。
一人分も出やしない。
うわー、なんも考えないでANAで取ってしもた。国際線は他エアラインで取るべきだった。。

なおANAのマイルの失効期限(三年)から言うと、前々年から移行して使わないで貯めておけば最大24万マイルの使用が可。

せやけどそんな先までANAばっかし使うかどうかわからんやん!!!!!




ちな、AMEXのメンバーシップ・リワードって15のエアラインのマイレージに交換することができるんですよね。特定の航空会社のクレジットカードではなくAMEXを持つ理由のひとつです。


ほんなんで、今年はもうANAの特典航空券が取れないと分かる。AMEXとJALの提携は数年前になくなりました。
ハイシーズン価格の航空券を三人分も買う気にはなれないわ。新幹線もまた然り。
移行前のポイントは売るほどあるだけにくやしい…そんなことをたまたまお電話していたAMEXのカスタマーサービスのお兄さんにこぼしました。
すると、


「みき様、裏ワザといいますか…方法はありますよ?」
「しかもANAに移行するよりもっとお得な方法です」


えっ、なんですの!


ええと、まずは
弊社の提携先であるブリティッシュ・エアウェイズのマイレージ会員になって、そこにポイントを移行します。
こちらは年間の移行上限がありません。

なんでエゲレスの航空会社に?
それは、ブリティッシュ・エアウェイズはJALと提携しているんです。
なので、ブリティッシュ・エアウェイズ(以下BAと略)から、提携会社JALの国内線を押さえるんです。


ここで凄いのは
ほぼほぼの国内線が一年中、片道4,500マイル、往復9,000マイルで取れるんです。
東京からだったら、北海道から九州までって思ってもらっていいです。沖縄は高くなります。


失禁しながら雄叫びました。
なにそれすごい。
そして今までハイシーズンに15,000マイルを使って国内線を押さえていたのはなんだったのか。
レギュラーシーズンで12,000マイル、ほぼほぼ使えないローシーズンだって10,000マイルです。
羽田-札幌間をハイシーズンで18,000マイル使ったこともありました。すべて9,000マイルですって?

返して!
今までのわたし(のマイル)を返してよwwwwwww


「ちなみに今、BAにマイルが移行できる国内クレジットカードは
当社AMEXだけなのでございます」


なにこのしゅごい殺し文句////
やっぱ持つべきはAMEXなのです。
えっ?AMEX持ってないの?今すぐ持つべきですよ?


ほんなんで即、BAのマイレージ会員「エグゼクティブ・クラブ」に登録します。

 

すごいやんね、エグゼクティブ・クラブって名称。
どこぞのマイレージバンクと違ってブルジョアジーな雰囲気。
BAではマイルのことを「Avios」と呼びますが、分かりづらいので便宜上ここでは「マイル」と表記しますよ。


ものの15分ほどでエグゼクティブ・クラブのアカウントが取得できました。
マイルを使う桜井と妹にもインビテーション・メールを送ってBAアカウント登録をしてもらいます。

日系のエアライン(ANA、JAL)はマイレージカードが発行されるまで10日ほど掛かるじゃない、BAは物理カードなし、即日完了。
3人分のアカウントができたことを確認してマイルを移行します。

ちなみにAMEXではANAに移行するマイレージプログラムが年間5,400円掛かるんですが、BAは無料。
えっ、もう即刻ANAのプログラム解除しちゃうわ。


そしてマイルの使い勝手の良さに驚く。
BAマイルは二親等以内とかケチなこと言わず、まったくの血縁関係がない他人、
友人・愛人・恋人だろうが誰でも使える。
制限なし。
えーーー!超フリーダム!


そして、特典航空券は大体、搭乗日の4日以前のチケットしか取れません。
例えば「おじいちゃんがしんだwwwww」って時、慌てて特典航空券で帰省しようとしても
明日のチケットが取れんのです。それではお通夜にも葬式にも間に合わんのです。
なので泣く泣く正規料金でチケットを買うのです。

だーが、BAなら当日の出発前の便なら、空席さえあれば取れてしまう。
おんなじJALに乗るのにね?BA経由だと使い勝手よすぎ。


9,000マイル×3人分、27,000マイルは2日後に移行完了していました。
早速BAのサイトで羽田⇔小松を検索してみるです。




「この区間はブリティッシュ・エアウェイズの直行便はありません…」
うん、小松空港にエゲレスの飛行機飛んでるの見たことないわ。
で、提携航空会社のJAL便が表示されます。



搭乗便を選択して、更にこのまま次へと進んでいけば
あれwwwもう航空券取れてしまうよwwwwww


どういうことかと言うと
ANAもJALも国内線の特典航空券は、二ヶ月前の同日の9:30からしか取れないんです。
今はまだ予約日よりも以前です。でもBAなら取れちゃう。

なぜなら、地方住みの方がBAでエゲレスから帰ってきて、国際線から国内線に乗り継ぐ場合
国内線だけが二ヶ月前しか取れなかったら困ります。
なので国際線特典航空券と同様330日前まで、取れてしまうんです。システム上の都合でね!
なので盆正月GWなどの時期の争奪戦なんか関係ないわけです。


最後に座席指定、
これは座席に拘りがなければ特にしなくてもいーです。

提携会社JAL機の座席指定はBAのサイト上から出来なくて、さらにJALのweb上でも出来なくて、
「JAL国際線」のカスタマーセンターにもしもしするんです。
ここで気付くんですが、これは「国際線を取っている」ことになるんですよね。
AMEXのおにいさんが”裏技”と言ったのも納得。

搭乗便の機種を聞いて、JALの機内座席配置のページを見ながら席を選びます。
これまた面倒なことに空席をweb上で見ることが出来ないので
オペレーターにどの辺が空いているかを口頭で聞いて、図を見ながら指定するのです。
「前方で翼にかからない位置の窓側はどのへんが空いてますか?」
「富士山が見えるのはどっち側ですか?」など。



ほんなんで無事完了。
ANAやJALで取っていたら(取れていたら)3人で45,000マイル必要だったけれど、
合計18,000マイルも安く済むならってことで、更にマイレージを移行して、わたしだけ小松から那覇に飛ぶことにしまして。
思いがけないオキナワーの旅まで付けてしまいました///

ありがとうAMEX。ありがとうBA。
わたし一生あなたたちに着いていくわ。


そうそう、「ほぼほぼの国内線が往復9,000マイル」って書きましたが
本州-那覇、大阪-北海道、九州-北海道等々は片道7,500マイル・往復15,000マイル
羽田-石垣島、羽田-宮古島は片道10,000マイル、往復20,000マイルです。

国際線の場合は通常期は他エアラインより割高だけど、ローシーズンはお得。
東京-ロンドンのローシーズンで比較すると

日系エアライン 45,000マイル
BA 39,000マイル

しかもローシーズンの圧倒的多さ。実際JALとANAのローシーズンは使い物にならないよ。
更に注釈入れるなら、JALANAでハイシーズンのお盆やGWもBAではローシーズンですからね!ニッポンの休日はエゲレス関係ないですからね。



まとめ。国内線特典航空券を取る場合、AMEXとBAのコンボが最強。

AMEX年会費高いわって言われるけど、旅行関係に関して 年会費以上の付加サービスが凄いので
特に高いとは思わないですよ。ほんと旅行に特化した会社だなあと思います。
異国の地で終電逃して、電話一本で助けてもらった時は、AMEX本社に足向けて寝れないと思いましたね。

そんなAMEXの特典で先日はプライオリティ・パスを無料で取得しました★




これをかざせばビジネスクラス以上のラウンジが使えるんですよおお
ひゃふーっ!ありがとうあめっくすさん。


ちなみに、AMEX→BAを使って9,000マイルでJAL国内線を取る手法は
AMEX使いではわりとマストらしい。
ぐぐってみたらそんな記事がざくざく出てきて泣けた。無知は罪です。

以上、陸マイラー日記です。


|この記事にコメントしる|


Name
URL
title
Comment
Pass



|blog内検索|